2016/07/16

やっぱり大事なこと

人生で初めて腱鞘炎ってものになりまして・・・
一応子供の頃からずーーっと音楽をやってまして、数年前までは
ピアノを弾くことを生業としていた頃にもならなかった腱鞘炎ですが
犬に引っぱられ続けてなっちゃうっていうね・・・


こうなるとホントに散歩が辛くなりますよ。
キキはね、まぁ何かあると急に
『ちょっと気になるなの〜〜っ!』
と、突然突進しちゃうこともたまにありますが
大旨横をぽちぽちと歩いてくれますので大丈夫なんですよ。
問題は引っ張り王子のアモ君ですよ
もう、排泄時以外は引っぱり続けですからねっっ!


まずは直線でグイグイ、でもってママがついて来られないもんだから
今度は右へ左へ大きく蛇行しながらグイングインと距離をかせぐ。
それでも前へと逸る気持ちをおさえきれずママの後方にまわり
ママの脚に後ろからリードをまわしそのリードでママを引っぱるって・・・
でも『これってちょっと賢いかも?』とか
感心してる場合じゃないくらい痛い訳ですよ。


ヒールウォークと呼び戻し、ママはこれしかアモには望んでいませんでしたが
まぁ、考えてみればね・・・これさえ出来れば他は何でも出来ますわ
保護犬であるアモの、ママの知らない数年間の育って来た過程や
この犬種の特性を考え、いわゆる脚側を望んでいるわけではありませんが
やっぱりね、猟犬だからといって外に居る時間の全てが獲物探しではないのだから。
人と歩様を合わせ、猟モードはいったんオフにして歩けることは大事だな〜と、
これだけはどうしてもママとしては譲れないことだと改めて思いましたよ。
『そんなの人の都合じゃんか!』と言われてしまうでしょうけど
今の社会では、犬は人としか生きていけないことになってますからね。
犬には理不尽でも、やっぱり人の生活に合わせそれをストレスと感じないように
トレーニングをすることは大切なことだと実感しましたよ。


諦めてしまっていたけれど、やっぱりね頑張ろうねアモ!


IMG_7551_convert_20160716110246.jpg
『イヤな予感・・・





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あらら・・・ですね。
ピアノで鍛えた指も、アモ君にはかなわなかったのね~。

でも私もなりましたよ。
でもって、持っていた指輪は一つも入らなくなりました(涙)
もうこんなにごつい手には指輪は似合わない(笑)

ま、コルクもお歳になり、街中では以前よりはマシになりましたけど。

Re: No title

コロママさん!

コロママさんもですかっ!
指輪は・・・試してないけど、そういえばもう何年もしていないので
きっと入らなくなってますねぇ。
余談ですが、長靴、運動靴生活も長くなり
パンプスや華奢なブーツなども全部無駄になりましたよ(涙)