--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/29

ホント・・・頼みますよ、キーちゃん!

先週木曜日のことでしたが・・・。


いつもキキはママが家事などで動いている間はずーーっとママの後ろを
付いて一緒に移動しています。
ママが座ればその横に座ってママの膝枕。
今もパソコンの足元でスリッパのうえに頭をのせて寝ていますけどね


木曜日もいつもの調子でルンルンとママをストーカーしていたキーちゃんですが
後ろの方でガタンッ!とテーブルにぶつかるような音がして
振り向くと付いて来ている筈のキーが居ない。
音は隣の部屋だったので戻ってみると・・・
左脚を伸ばしたまま宙に浮かせ3本脚でぼーーっと立っているキキ

『えっっ?ちょっと、なんで脚上がっちゃってるのーー?!』

キーちゃんは『あたちにさわんないでっ!』オーラを出しながら佇むこと30秒。
そのうち自分でストレッチを始め左脚を伸ばしたり縮めたりしているうちに
脚は床に着くようになりましたが何だか違和感がありそう。
不覚にもママは事の次第を見ていなかったのですが想像するに
ソファーから立ち上がったママを追いかけて慌てて飛び降りたところ、
テーブルの角に脚が当たりビックリして着地失敗・・・そんなことだったようです。


ソファーは高さのあまり無いものですし、少しの段差は
かえってリハビリになるので、滑らないようにだけ気を付けていれば
あまりピリピリしなくても大丈夫とのことでしたので
すっかり安心して気にもしていませんでした


手術を受けたY先生の病院はすぐに行って診てもらえる訳ではないので
まずは日常のキキの脚を診ていただいている病院へ!
レントゲン、触診の結果『・・・うーーんやっぱ、Y先生のところ
行って下さい』とのこと
慌てて電話を入れるとY先生、週明けから学会で海外へ、
2週間程戻らないとのこと。出張前にすぐにいらっしゃいよーーっ!
とのことでムリムリ予約を入れていただき土曜日に再び検査となりました。


結果・・・幸い再脱臼はしていませんでしたが
脚を伸ばした時に膝のオサラが少し左右に動くので
椅子を降りようと後ろ脚が伸びた際にテーブルにぶつけてしまい
着地の時に悪い角度になって脚を着いてしまったのでは?
捻ったことで本来の場所からお膝がちょっとズレて
違和感を感じていたのだろう、とのことでした。


金曜日以降は自分でストレッチすることもなく、いつも通り
歩いたり走ったりしていますが・・・。
『手術をしてもキキの場合は元には戻らない。想定内のことだから
いちいち神経質になっていても仕方ない』って言われてもね・・・。


またなったら、なったときだと開き直っているけれど
今までの日々を思い返すと、どうしてもね・・・、『もう二度と
手術なんかさせたくない!』という気持ちになります。
手術の身体への負担は勿論のこと、
病院に長期間入院させ寂しい思いをさせるのも、
その後も再脱臼に日々怯えて過ごすのも、
・・・何よりキキのあのくらーーい顔はもう絶対見たくない


出来ないことを嘆くより、出来ることを見つけてガンバローと
思っているけれど・・・じゃあ、キキのこの脚でどんなことなら出来るのか?
ちょっと先行き暗い気持ちになったりもする。


姫様はいたって呑気で明るいんですけどね・・・
IMG_4321_convert_20150627190940.jpg
『キーのひらき〜なのっ!あはは


まぁね・・・楽しそうでいいけどね

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

キキちゃん、大丈夫でよかったです。でも、ママの心臓にはとってもも悪そう・・・。ママがいらっしゃるときで何よりでした。ほーっ。

Re: No title

ぐりダルママさん!

本当にっ!心臓にも悪いし、血圧も上がりそうですよーー。
いつも通りとは言っても、色々なことに気を配りながらってことですよね。
想定外のこと・・・というか経験してみないと思いつかないこともあり
キキが動いているときはハラハラし通しです(涙)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。