--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/17

リハビリは地味でした!

先日、リハビリのカウンセリングを受けた獣医師からの紹介で
リハビリテーション専門の病院へ行ってきました。
1年ごとに外科医のチェックは受けに行きますが、今後はこの
リハビリ専門病院で徐々に身体を作り直していきます。


1時間を越えるかなり内容の濃いカウンセリングで、キキもママも
帰りはグッタリしてしまいましたが(笑)とてもとても勉強になりました。
パテラや脊椎疾患など身体を悪くしているからこそのリハビリ!
と思っていましたが・・・。
そういう状態の子は勿論のこと、健康な犬達にもその健常な身体を保つために
非常に有効なことなんですね。
こういう病院はまだとても少なく専門医も決して多くありません。
近くの動物病院でもこういうカウンセリングが当たり前に受けられれば
良いんですけどねぇ。


リハビリと言うとウォーキングマシンや水中トレッドミルなど
ちょっと格好良いマシンを使ったものを連想しがちですが(ママもそうでしたよ
実際はとってもとっても地味〜〜なものでした


今現在のキキの状態は思っていたよりも悪い状態ではなく膝の筋肉は
左右ほぼ変わらないくらいでした。
なのにどうしても歩様が安定しない・・・これは実はお尻の筋肉のせいでした。
良い方の脚(右)は51センチなのに対して手術をした左脚はなんと46センチ。
この半年で5センチもの差が出来ていました。
これはただやみくもに歩かせても改善するものではなく、
この脚を庇う悪い歩き方を治すにはまず体幹を鍛えなおすことから
始めなくてはいけないそうです。
体幹を鍛えるには体重移動。
現在の右脚に頼りきった姿勢を直し左脚へと少しずつ体重を移動させます。
何種類かの動きを1回に2〜3セットずつ、
1日に数回、ヨガマットの上で地道に行います。
正しい姿勢が健康のために大切なのは犬もヒトも一緒ですね。
ママが慣れてきたらアモにもやらせてみようと思います。


今回先生の指摘を受け、いかにキキが今まで
悪い姿勢で過ごしていたかがよくわかりました。
お座りの時に、ちょっと後ろ脚が横に流れていたり、前に投げ出されていたり、
お尻が踵に乗らず両足がカエルさんみたいに開いていたり・・・。
なんだかヒトから見ると可愛い姿ばかりですが、これらは全部よくない姿勢です。
重大な疾患が隠れている場合もあるそうです。
痛がったりするのでなければ、まずは正しい姿勢に導き、それを習慣化する。
そのことで体幹が鍛えられ病気や怪我を起こしにくくすることに繋がります。
まずはキキもここからのスタートになりました。


悪くしてしまった身体を元に戻すには3倍4倍の時間がかかるそうです。
ただ何もスペシャルなケアや高額な治療が必要な訳ではなく、
『ヨガマット1枚と日に少しの時間を犬のために割いてやること、そして
それを根気よく続けることだけですよ!』と、先生の言葉が心に残りました。
少しの時間でも真剣にキキやアモと1対1で取り組むことは
きっとリハビリで身体を治すということだけでない、
良い効果もあるのではないかと思いますのでね。
今後地道に頑張ってみようと思います。


可愛い2人の日向ぼっこをパチリ!!

IMG_3473_convert_20150313101742.jpg


IMG_3466_convert_20150313101758.jpg

かわえぇ〜のぉ〜〜


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

確かにそうなのでしょうね~。
人にも犬にも通じること。
私も足を組んだりなど、悪い姿勢を改善しなくちゃ。
何事も地味にでも根気よくってことですね。
参考になりました。
ママさん、キキちゃん頑張って~!

Re: No title

コロママさん!

言われてみれば当たり前のことでも、自分には応用出来ていないこと
多いですよね。犬の健康を通して人間のことにも共通して
学ぶ部分が日々あります。
キキには『正しい立ち姿』とか言っちゃって、自分は
ソファーにだらしなく座ってiPadじゃ・・・情けないですね〜。
反省すること多しです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。