2015/06/29

ホント・・・頼みますよ、キーちゃん!

先週木曜日のことでしたが・・・。


いつもキキはママが家事などで動いている間はずーーっとママの後ろを
付いて一緒に移動しています。
ママが座ればその横に座ってママの膝枕。
今もパソコンの足元でスリッパのうえに頭をのせて寝ていますけどね


木曜日もいつもの調子でルンルンとママをストーカーしていたキーちゃんですが
後ろの方でガタンッ!とテーブルにぶつかるような音がして
振り向くと付いて来ている筈のキーが居ない。
音は隣の部屋だったので戻ってみると・・・
左脚を伸ばしたまま宙に浮かせ3本脚でぼーーっと立っているキキ

『えっっ?ちょっと、なんで脚上がっちゃってるのーー?!』

キーちゃんは『あたちにさわんないでっ!』オーラを出しながら佇むこと30秒。
そのうち自分でストレッチを始め左脚を伸ばしたり縮めたりしているうちに
脚は床に着くようになりましたが何だか違和感がありそう。
不覚にもママは事の次第を見ていなかったのですが想像するに
ソファーから立ち上がったママを追いかけて慌てて飛び降りたところ、
テーブルの角に脚が当たりビックリして着地失敗・・・そんなことだったようです。


ソファーは高さのあまり無いものですし、少しの段差は
かえってリハビリになるので、滑らないようにだけ気を付けていれば
あまりピリピリしなくても大丈夫とのことでしたので
すっかり安心して気にもしていませんでした


手術を受けたY先生の病院はすぐに行って診てもらえる訳ではないので
まずは日常のキキの脚を診ていただいている病院へ!
レントゲン、触診の結果『・・・うーーんやっぱ、Y先生のところ
行って下さい』とのこと
慌てて電話を入れるとY先生、週明けから学会で海外へ、
2週間程戻らないとのこと。出張前にすぐにいらっしゃいよーーっ!
とのことでムリムリ予約を入れていただき土曜日に再び検査となりました。


結果・・・幸い再脱臼はしていませんでしたが
脚を伸ばした時に膝のオサラが少し左右に動くので
椅子を降りようと後ろ脚が伸びた際にテーブルにぶつけてしまい
着地の時に悪い角度になって脚を着いてしまったのでは?
捻ったことで本来の場所からお膝がちょっとズレて
違和感を感じていたのだろう、とのことでした。


金曜日以降は自分でストレッチすることもなく、いつも通り
歩いたり走ったりしていますが・・・。
『手術をしてもキキの場合は元には戻らない。想定内のことだから
いちいち神経質になっていても仕方ない』って言われてもね・・・。


またなったら、なったときだと開き直っているけれど
今までの日々を思い返すと、どうしてもね・・・、『もう二度と
手術なんかさせたくない!』という気持ちになります。
手術の身体への負担は勿論のこと、
病院に長期間入院させ寂しい思いをさせるのも、
その後も再脱臼に日々怯えて過ごすのも、
・・・何よりキキのあのくらーーい顔はもう絶対見たくない


出来ないことを嘆くより、出来ることを見つけてガンバローと
思っているけれど・・・じゃあ、キキのこの脚でどんなことなら出来るのか?
ちょっと先行き暗い気持ちになったりもする。


姫様はいたって呑気で明るいんですけどね・・・
IMG_4321_convert_20150627190940.jpg
『キーのひらき〜なのっ!あはは


まぁね・・・楽しそうでいいけどね

スポンサーサイト
2015/06/26

兄妹(きょうだい)喧嘩勃発!

キキも早いもので、もうすぐ我が家に来て2年になります。
アモとキキの性格はまるで正反対ですがかえってそれが良いのか・・・?
暮らし始めた当初から喧嘩もなく、基本仲良しです。


自分には甘いですが他人(他犬?)のお行儀にはとことんうるさいアモ
そんなアモのことがキキはよくわかっていますので、普段からアモを立てて
いつもアモの後ろで控えているデキた妹です


IMG_4431_convert_20150620192441.jpg
『パパのナデナデだって順番待ちなんでちよーー!』



IMG_3776_convert_20150620192417.jpg
『お兄ちゃんがベッドでちたらあたちは遠慮しまちけど・・・』


そんなキーちゃんですが、ここのところ脚のことがありましたのでね、
どうしてもママとのお出掛け(・・・といっても病院やリハビリですけど)が
多くなり、アモには病院だなんてわかりませんしねぇ。
『なんかキキばっかりずるくねっ?』と思うんでしょうか?
お留守番の時にはいつまでも遠吠えをしていたり、
いつもは絶対しないのにお部屋の中にオシッコしちゃったり・・・
寂しいことでストレス感じているのかな〜?的な行動が
最近ちょいちょいありました。


そんな時に、パパが大風邪ひきまして・・・
2人で寝込んじゃ大変ですので、ママはリビングのソファーに
避難して寝ていたんですが、それを見つけたキーちゃんが
『きゃーー、ママちゃんたら面白いところで寝てるなのー!
あたちも、あたちもーーっ!』
とその夜はママと2人でソファーで寝ていたんです。
そんなことには全然気付かずにパパとママの間の特等席で寝ていると信じて
ぐーすかピーだったアモ。
明け方『かーちゃんとキーがいないっっ!!と慌てて探しに来てみると・・・


怒ってしばらくはワンワン言ってましたが、まだ4時でしたのでね、
『黙らんかーーいっっ!』とママに怒られ
その時はしょんぼり床で寝ていたんですよ。
でも納得出来なかったんでしょうね〜、その日は朝から何となく
キキを寄せ付けない雰囲気だったんですけど・・・。


『ごはんだよ〜!』と呼ばれてキッチンに来る時に
キキがちょっと先に出ちゃったんですね〜、その瞬間・・・アモ大爆発!!
今まで『遊んで遊んで!』としつこいキキに耳を引っ張られ
ピーピー言っていたのはアモの方でしたが、その時はキーちゃんの
ビックリするような悲鳴


思わずハウスのキキ
IMG_4415_convert_20150620192500.jpg
『にぃにぃったら、こわしゅぎる・・・』


甘えっ子なところもありますが、基本的に人や犬にはあまり感心の無いアモ。
家でも『散歩とメシ以外はオレ様を呼ぶなよーー』な感じで寝ていることが
特に最近、歳をとってきてからは増えていたので、
あまりこちらも構いすぎないようにしていたんですけどねぇ。


ヤキモチ妬いてしまったのか・・・いつもポーカーフェイスでクールな
番長ですからね、キキのように思っていることがすぐ顔に出ちゃうシンプルな
タイプじゃないので、ママもわかりませんでした。
構われるのは好きじゃないけどキキばっかり構われてるのはそれはそれで
頭にきちゃうというね・・・めんどくさいオトコなんですな。


IMG_3832_convert_20150620192359.jpg
普段はね、妹思いの良い兄ちゃんなんですよ


IMG_4401_convert_20150620192535.jpg
キキもお兄ちゃん大好きでいつもひっつき虫です


IMG_4406_convert_20150620192517.jpg
『でも、ちょっぴり気を使っちゃうなの!てへへっっ』

2015/06/21

何もしない週末

金曜日の夜・・・雨の音で夜中に目が覚めてしまい、
足下を見るとキキも窓の外を見ながら起きていました。
『凄く降っているのに、天気予報通り明日はホントに晴れるのかね〜?』
なんてことをキキに話しかけながら『明日は時間がある土曜日、
何のトレーニングをしようか・・・?
雨上がりは滑るから、レトリーブはダメだしな〜』
なんて考えていたら、何だか急に何もかも面倒になってしまい
いきなり何にもしない週末にしようと決定


いつもは車で野原へ。
で、遊びながらトレーニング。
あーでもない、こーでもないとキキと色んなことをするのも楽しいけれど
せっかくの晴れ予報、梅雨の晴れ間で朝の空気も清々しいハズ
ゆっくりただ歩くのも楽しいかな〜ってことで、
キーとお話ししながらのブラブラ散歩でした。


キキの心肺機能回復のためにも有酸素運動は大切だしね、
ゆっくり何のコマンドもナシにキキの好きに歩く無礼講散歩
キキもだんだん調子に乗ってニオイの嗅ぎまくりっ
さすがに『牛かっっ!』ってくらい草を食べるのは禁止しましたが・・・。


IMG_4387_convert_20150620192707.jpg
『ママちゃん、投げてなの〜!』


IMG_4370_convert_20150620192725.jpg


途中、緑地帯でボール投げしたりしながらダラダラと歩きます。
この辺りは駅の近くですが、大きな通りを挟んで東西に広い大学のキャンパスがあり
緑が多くとても気持ちのよい散歩コースです
大学の中も緑が多く良い環境で、大昔は中も自由に入って
散歩出来たんですけどねぇ、今は部外者は入れなくなってしまいました


帰り道にはキキの大好きなスタバに寄って・・・っていうか
キーちゃん、当然のように『みなしゃん、おはよーーさんなの!』
と勝手にテラスのパラソルの下の席にスタスタと入って行くんですが


IMG_4389_convert_20150620192552.jpg
『あたちはハラヘリ怪獣に変身したでちっ!』


IMG_4398_convert_20150620192647.jpg
『今朝のオヤツはワッフルでちねぇ


そうだね、キーちゃんにもちょっとあげようね
アモには内緒だよ〜〜


まぁ、ちょっとばかり気が引けたのでアモにもちょびっと残して
お持ち帰りしましたけどね


距離としては4㌔足らずなんですが、キキとだと寄り道、道草が多くてねぇ〜。
結局2時間かかって帰ったら、パパとお山に行っていたアモが先に帰っていて
『遅いっ!遅すぎるっ!オレはお腹がすいたんだじょーーっ!』
怒って跳び蹴りしてきたっていうね


たまにはね、何にも考えないのものんびりしていいよね。
何事もね、焦らずゆっくりボチボチと・・・キキのパテラを経験したお陰で
ママは今までみたいに頭に血がのぼらなくなったよ
『出来なかったらまた明日!』
そうやって、ひとつずつ出来ること増やしていこうよね。




2015/06/18

カリスママ美容師登場!

ママはあまり詳しくないのですが・・・
セターにはベンチ(ショーで見かけるゴージャスなタイプね)と
フィールド(こちらは猟に出る子達ですね)の2タイプがありまして
アモは一応フィールドタイプなんです。
このフィールドにも英系とか米系とか、まぁその他もあるんでしょうか・・・?
ちょっとこの辺はもうママには見分けはつきませんので未知の世界ですがねぇ。


そのフィールドのセター、フィールドで活動しやすいように
作られていますので、ベンチよりは身体も小ぶり、毛量も少なく
野原でドロドロのイガイガになってもお手入れもしやすい筈なんですが・・・
なぜかアモ君、コートがふっさふさのもわもわで、シッポ、四肢、
お尻や耳の飾り毛はカットしないとどんどん長くなってしまいます。
手足、シッポはまだしもお尻はちょっとふんばっただけでも
飾り毛が地面についてしまい・・・ハイ悲惨なことになってしまいます


これまではトリマーさんにお願いしていたのですが
まぁ・・・キーちゃんのリハビリにも結構かかりますのでね〜、
これからはママがやっちゃおうと思い立ちましてね。
子供の頃からお人形の髪の毛なんか上手に切っちゃったりしてたし
きっとトリマーさんだって出来ちゃう筈!!
早速トリミング用のバリカン、ハサミなんか用意しまして
ブーンブンチョキチョキとっっ


なんか、ママは恐いことに刃物持つと止まらなくなっちゃうんですね〜。
気が付くと・・・


IMG_4331_convert_20150618102743.jpg
『かーちゃん、ひどいや・・・


あらあら、まぁまぁ・・・
なんだか昔懐かしい、テニスのスコートからのぞく
フリフリおぱんつみたいになっちゃったYOーー
これがまた、お散歩の時アモの歩調に合わせてフリフリ揺れるのが
面白くって可愛くって・・・
まぁ、いーーじゃんアモ!みんな面白いって笑ってくれるしさっ。
ママもアモのお尻見てたら引っ張られるのも気にならないくらい
お散歩ぐーんと楽しくなっちゃった!
今週末もチョキチョキしちゃおうかなーーっ


IMG_4323_convert_20150618100141.jpg
『ママ美容師、断固反対っ!!
2015/06/14

6ヶ月検診

待ちに待ったこの日。
小雨で蒸し蒸しするイヤなお天気でしたが・・・
3ヶ月ぶりに東京横断、休日で道路事情もわからなかったので
ちょっと早めに出発したところ、1時間も早く着いちゃうっていうね・・・
でも『遠いのにせっかく早く来たんだから早く診ちゃいましょう!』と、
いつも対応が親切でありがたい病院です。


どよ〜〜ん
IMG_4319_convert_20150614191250.jpg
『病院行って来るなの・・・』



いつもいつものことですが、今朝も早くから病院は満員。
そのほとんどが膝、股関節、脊椎など整形に問題を抱える犬達。
院長先生がその専門なので当たり前と言えばそうなんですが、
こんなに問題のある子が多いのかとちょっとびっくりです。
でもね、入院期間も長く、治療費も高額になるケースが多い整形の手術ですが
遠くからでも、飼い主さん達は少しでも良い治療を求めてこうやって我が子を
抱えてやって来ます。
大事にされている子が多いなぁ、と嬉しくもなりますね〜。


さて歩様の動画撮り、レントゲン、触診と一通り終えて結果を待つこと30分。
診察室に呼ばれて、先生の第一声。
『長かったね〜キキ、ホントに良く頑張りました!』
こらえにこらえましたが、もうちょっとで滝涙でしたよ
とりあえず左膝の脱臼に関してはもう大丈夫ということでしたが・・・
実は問題はまだ残っています。


まず、右脚。
そもそもキキは両方の膝が緩かったのですが、脱臼を繰り返していたのは左脚。
『まずは左膝を固定、その後前十字靭帯のTPLO術。
しばらく様子を見て左が完治したところで右の予防的措置としての右脚の手術を
考えましょう』というのが当初の予定でした。
ところが、普通3ヶ月程度でメドが立つ脱臼の手術にキキは結局10ヶ月もの時間が
かかってしまいました。
『この上また、右脚の手術というのはもう考えられないので
今後はこのままで様子を見ながら温存していきましょう』ということになりました。


そして部分断裂したままの左の前十字靭帯。
もちろんこれに関しても心配は残るけれど、
先生に寄ると、犬の靭帯の場合人間のように外傷による断裂ではなく
劣化に寄るものだそうです。
つまり激しい運動をしても、安静にしていても切れるときは切れるということです。
『せっかく元気なフラットなのだから、なったらなった時に考えるということで
今は気を付けながらも好きなことをさせて、キキにとって
楽しい毎日にしてあげなさい!』
『何か起きた時にはまた、その時に出来るベストを考えましょう!』
と言っていただき、少しモヤモヤしていた気持ちも
吹っ切れて開き直ることが出来ました。


『寛解』・・・という言葉が適切かどうかわかりませんが、
『完治』はもともと望めない状態ですのでね。
今後も注意を怠らず常にキキの脚のことを第一に考えなければいけないという
自分への戒めとしてあえてそう言いたいと思います。


キキ、明るく頑張り屋さんのあなたはママの自慢の娘です。
いつもママを幸せにしてくれてありがとう!!
そしてずっとずっと元気でママのそばにいてください。



IMG_4247_convert_20150606185307.jpg
『あ〜あ、つかれちゃったなのっ!』
2015/06/12

梅雨入りだね

今朝は本降りのアモキキ地方。
可哀相だけどおウチの近所をぐるっと一周の簡単散歩。
曲がり角で『もう帰るんだ』とわかったとたんガックリきちゃって、
うつむいてドナドナ歩きのアモ番長・・・わかりやすいやっちゃのぉ〜(笑)


帰ってからもしばらくは・・・
IMG_4307_convert_20150612103652.jpg
『かーちゃんはだんだん散歩がしたくなるぅぅぅぅ〜!!』


・・・って、目つき凄いんですけどっ


無視してると・・・
IMG_4312_convert_20150612103713.jpg
『かーちゃん、今日も可愛いなっ!ボクとデートしないかっっ!』


お愛想笑い作戦ですかっ!キミとはデートじゃなく競歩だっっ


で、しまいには・・・
IMG_4296_convert_20150612103634.jpg
『ちぇっ、褒め損だぜーーっ


雨、もうすぐやむからね。
そしたら、お山にデートだよ、アモ!
2015/06/10

がっかりしちゃった話し

今日は愚痴っ!
あんまり言いたくないけどね・・・でもなんだか力抜けちゃった。


今更言うまでもなく我が家のアモ、キキは保護犬。
だからどうしたということではなく、アモは途中で飼い主が変わり、
キキは・・・・・まぁ、色々あって(笑)
8ヶ月過ぎて我が家に来た、ただそれだけのこと。
彼等が問題のある犬だった訳では勿論無いし、可哀相な犬達なんかでは決して無い。


保護犬に対する世間の感情は良いものも、ちょっと勘違いなものも、
ビックリするような偏見も・・・まぁ、色々あるけれど
それはしかたないと思っている。
そんな中で気だてが良く、利口な我が子達を見て
『保護犬もパピーのときから暮らすのとなんら変わりなくどの時点からでも
ちゃんと家族になってくれるのね〜、今度迎えるときは保護犬もありよね。』
と言ってもらえるととても嬉しく、保護犬を家族に迎えることが
取り立てて偉いこと、凄いことなんて私自身少しも思ってはいないけれど、
アモ達を見てそんな風に思ってもらえる人が1人でも増えたかと思うと、
なんだかとても良い事をしたような気分で嬉しかったりもする。


お散歩でよく会う女性でそんな事を言ってくれる人がいた。
その時、既に彼女の愛犬はかなりの歳でそんな話しをして間もなく
13年という幸せな犬生をを、大事にされ全うして虹の橋へと旅立った。
その後少しの間、彼女に会うことは無かったが、しばらくして会った時に
『また犬を迎えたい、アモやキキを見ていて成犬からという選択肢も有りなので、
是非保護団体さんのことを色々教えてほしい』とのことでした。


そりゃあ、嬉しかったですよ〜。
助けたい子は数限りなく居れども、その全部を引き受ける事は出来ない。
情けないかな自分のスキルでは2頭で精一杯。
1頭では焼け石に水かもしれないけど、それでも1頭でも家族が決まれば
またその空いた場所に新しい子が助けてもらえる!
彼女の好みや犬との暮らしぶり・・・色々伺いあちらこちらのHPをチェックして。


・・・・でもその度に、ちょっと大きい、ちょっと小さすぎ、
顔が好きじゃない、オスじゃなくメスがいい、
『ボール遊び出来るかしら?』『呼んだら戻って来るかしら?』
『ドッグランで他のワンちゃんと大丈夫かしら?』
その他もろもろ、もろもろ・・・
大きさや♂♀のような条件は仕方ないとしても、
最後の方はちょっと????となってしまい
『その気が無いのかな〜』と思っていた矢先
『ごめんなさいね、やっぱり保護犬て難しいわね〜、
今回はペットショップで買う事にしたわ!』と


『何が何でも保護犬を貰え!』などとは少しも思っていないし
ショップで買うのが悪い訳では決してない。
ホントは保護犬なんていないのが正しい世の中だし、
誠実にその犬種を愛するブリーダーから何年待ってでもより良い子を求め
譲り受ける、むしろそれが本来の犬の迎え方だと思う。


タダだし、良い子なら貰ってあげてもいいけど、
何となく可哀相な気がしたから・・・など、
犬と暮らすという事の本質からは遠くかけ離れたほんの一時の気まぐれで
いたずらに周りを翻弄するのはヤメてもらいたいものだ。


ペットショップで求めた彼女の犬がどんな大きさに育つのか?
はたして上手にレトリーブが出来るようになるのか?呼び戻しも完璧になるのか?
ドッグランでどんな犬にもフレンドリーに接する事が出来るようになるのか?
・・・それはわからないし、私にとってはもうどうでもよいことだけど。


IMG_4254_convert_20150606185249.jpg
キミ達がいればママは幸せ
2015/06/08

当たり前じゃないんだよ

今朝は、キーちゃんと野原へGO〜
朝はまだまだ涼しいのでお散歩の時間がたっぷりあって嬉しいですね!


脚の状態は良好だと思うのですが、先生から『大丈夫!』の言葉をもらうまでは
油断せず、今日も方向指示の練習を地味に頑張りました。


IMG_4267_convert_20150608191609.jpg


中央にステイさせて左右にダミー。
左を後から投げて左の印象を強く持たせた後、右の指示で右方向のダミーを回収。
次は後方に投げ印象づけた後、やはり右を指示で右方向のダミー回収。
色々な方向を一度に教えた方が良いのか、それとも右、左、バックとそれぞれを
別個に練習した方が良いのか・・・?迷いましたが、そんなに本数も出来ないので
今日は右の指示のみでした。
まぁ、急ぐ事でもないので何事もゆっくり少しずつです。


最後にお楽しみのロングを1本だけ
IMG_4269_convert_20150608191507.jpg
ばびゅーんと走って・・・


IMG_4271_convert_20150608191447.jpg
咥えたら方向転換


IMG_4272_convert_20150608191427.jpg
まっすぐに(これがたまに怪しいですが・・・)戻ります



IMG_4275_convert_20150608191550.jpg
『ただいま〜なの!』


まだまだ、まだまだ・・・教えたい事は山のようにあり
あれも出来ない、これもやらなきゃ!と、トレーニングをしていると
ついそんな風に思いがちですが・・・。
でもね、ダミーを複数個投げる時や遠くまでダミーを置きに行く間、
静かに待っていられるようになったこと。
『レトリバーなんだからフツー出来るでしょ!』と思われがちな
『投げられたダミーをちゃんと手元まで持ち帰る』ってことだって
キチンとやろうと思えばとても難しいことでした(キキにとってはね)。
それだって(まぁ、まだ色々ありますが・・・)こうやって
頑張って出来るようになったしね。


出来るようになってしまうとなんだかそれがもう当たり前のように思ってしまうけど
たまには過去を振り返って、小さな1歩でも出来るようになった事を
たくさん褒めてあげないといけないな〜。
そして『頑張ってくれてありがと〜』って思ってあげないとね。
そんなことを感じた朝でしたよ。


IMG_4278_convert_20150608191406.jpg
帰り際にちょこっと放牧〜〜


IMG_4291_convert_20150608191529.jpg
心配は尽きませんが、この笑顔に救われます




2015/06/06

いつもと同じだけど・・・

お天気が悪かった筈の週末。
思いがけず良いお天気になり、なんか得した気分です。
前夜の雨のお陰で、ひんやりした風が気持ちのよい朝でしたよ〜
まぁ、野原はびしょびしょでお散歩後が大変でしたが・・・
それはいつもの事ですね


IMG_4224_convert_20150606185514.jpg
この、相変わらずの距離感・・・


IMG_4229_convert_20150606185456.jpg


IMG_4233_convert_20150606185437.jpg


IMG_4235_convert_20150606185418.jpg
『ただいまだじょーー!』


もう、梅雨入りのようですね。
いつもはこの時期、あちらこちらにお出掛けして、
暑くなる前の走り溜めをするんですけどねぇ・・・
今年はキーちゃんの脚のこともあり、番長も可哀相ですがもう少しの間我慢です。


代わり映えしないいつものお散歩、時々引っ張りすぎてママに怒られたりしながらも
それでもいつもご機嫌で、ワクワク楽しそうにママのお伴をしてくれますのでね。
ホントにアモは可愛いヤツです
2015/06/03

6ヶ月

今日、6月3日でキキの最後の手術から6ヶ月が経ちました。
4回目の脚の手術が無事終り『もう今回で何が起きても最後にしましょう』と
獣医師に告げられ、暗たんたる思いで帰路についたその直後、
胃捻転を起こし緊急手術となった去年の12月3日、
忘れられない日となりました。


元気なのは嬉しいことですが、お散歩の時ボールを見つけ
急にブッシュの中にダッシュしてしまったり
階段を2段飛ばしで飛び降りてみたりと、ママを気絶させたり
絶叫させたりするようなことも多々あり・・・どうなっていることやらです
検診は予約の都合で来週ですのでね、まだまだ安心は出来ません。


部分的にほつれた前十字靭帯は手つかずのままですが
それでも筋肉は鍛えなくてはならず、ここのところ歩け歩けの日々でしたし、
オビやレトリーブも少しずつ再開したことで結構脚に負担はかかっているかな?
多少の炎症は覚悟かもしれませんね。
どんな診断になるかはわかりませんが現状を受け入れ、
その時その時で出来ること、最良のことをやっていくしかありません。


キキもママも楽天家ですのでね、常に目標は高く掲げ
そこに向って一歩一歩です。
お山の頂上にたどり着けなくたって良いんです。
キキと一緒に登れることに日々感謝し、前へ進むのみです。


IMG_4182_convert_20150601112238.jpg


IMG_4179_convert_20150601112215.jpg
『どんなもんでちっ!』



2015/06/01

普通の事が・・・

今日の朝散歩。
どういう訳だか、アモが引っ張らないっっ


IMG_4219_convert_20150601112034.jpg
ドナドナドーナードォーナァ〜〜・・・なアモ


ずっとリードはたるみっぱなしの状態。
『アモとユルユル歩けたら楽しいのにな〜』なんてずっと夢見て来ましたが
いざこうなってみると嬉しさはぶっ飛び、もう心配でドキドキ


どっかイタイの?
具合でも悪いの?
引き返して病院連れて行った方が良いんじゃないか・・・なんて


とりあえずトボトボと野原に到着、
いつものようにロングリードに変えてもらうのを座って待つ番長。


IMG_4189_convert_20150601113634.jpg
『かーちゃん、早くしてちょーよっ!』


『アモ・・・元気が出ないなら、帰ろうか・・・』と言いかけた瞬間・・・


ばびゅーーーんっ!
IMG_4204_convert_20150601114155.jpg
『かーーちゃん、さいなら〜〜!』


ママ: 『・・・・・。』


いーーんですよ、元気なら。
もう何にも聞こえなくなっちゃったって、絶対こっちを見なくなっちゃったって
元気ならそれでいーーです
その後は急にスイッチオンでね・・・。


IMG_4186_convert_20150601112157.jpg


IMG_4202_convert_20150601111956.jpg


IMG_4205_convert_20150601112135.jpg


そのままスイッチは切れることなく
帰りもグングングイーーンでしたとさっ
めでたし、めでたし


IMG_4211_convert_20150601112054.jpg
『ふつーに歩いてただけじゃんかっ!』


だねー、普通に歩いてるだけで病院連れて
行かれそうになるって・・・
どーかと思うよ、アモ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。