2015/04/27

またひとつ・・・

去年9月から始まったキキの脚の治療。
もちろん全身麻酔での手術が一番の心配事ではありましたが、
やはり一番大変だったのは術後の管理でした。


整形の手術は犬自身、身体の具合は悪くないので、
患部の痛みや違和感さえ軽減してくれば動きたくなるのは当たり前。
自分の動きによってその後何が起きるかを予測したり
恐怖心を持ったりということは当然ない訳ですからね。


ケージの中でクルクル小回りさせないように大きなスペースが
必要だなーー・・・と困っていたところ、
キーちゃんの実家のミント母様より大きなケージを貸していただける事になり
キキにとっては、きっと懐かしい実家の匂いのする広々ケージで
この9ヶ月間を過ごさせてもらいました。
ホントにありがたかったね〜、キーちゃん!


そして今現在、動きの制限もほぼなくなりましたので
昨日は長らくお世話になったケージをキキと一緒にお掃除して
お片付けしましたよ。


ママのお手伝いで張り切るキーですが・・・
IMG_3582_convert_20150330185429.jpg
『なんでもご用事、言ってくだしゃいなの!』


IMG_3585_convert_20150330185407.jpg
『キーがこのプチプチをやっつけるでち』


IMG_3589_convert_20150330185344.jpg
『ちょっとひと休みでお茶にするでち〜』


・・・と、なんだかちっともはかどらない可愛い助手ですが


ずーっと、ずーっと頑張っても毎日ケージの中で、
エリカラ付けたままでもホントに長い間キキはよく頑張ったよね。
夜は悲しくなっちゃうからママとリビングで一緒に寝たのも
今思えば、なんだか楽しかったね〜。
キキとお話ししながらお片づけをするうち色んな事が思い出され、
でもこうしてキキが元気になってママの隣にいてくれる事が
とても嬉しくてね・・・ジーーンときてしまいました
そしてゆっくりですが、またひとつ前に進んだ気がしましたよ。


IMG_3592_convert_20150330185326.jpg
新しいケージ、ちょっと狭くなっちゃったけどどうかな?


IMG_3594_convert_20150330185307.jpg
『悪くないでちよ〜〜


お手伝いで疲れておネムですねぇ、キーちゃん
スポンサーサイト
2015/04/21

キーちゃんったら・・・(汗)

今朝の出来事ですが・・・。

今日は朝からキーのプールの日でした。
泳ぐのは10時からで、その4時間前には食事を終わらせておきたかったので
5時半にはキキのお散歩を終わらせ、今日は作っている時間も無かったので、
消化が良いようにとフードをスープでふやかしたご飯を用意して
『6時に食べさせて!』とアモパパにお願いして、アモの散歩に出掛けました。


量やサプリがアモとは違うのでね、
このようにキキのご飯にはクリップを付けてパパにわかりやすいように
ガス台の上に置いておいたのですが・・・


IMG_3810_convert_20150421183558.jpg


ちゃんと食べさせたか、パパ寝坊してないかなぁ〜、と心配で
帰って来るなり『キキ、6時に食べた??』と聞いてみると・・・


パパ: 『たぶん・・・食べたと思うけど』


ママ: 『たぶん・・・って、なんじゃあそりゃ!』


パパ: 『だって、起きてみたらキキのお皿が           椅子の上にのってて、中身無かったから・・・』


ママ&パパ: 『????』



こんなことになってたそうです
IMG_3822_convert_20150421183541.jpg
『キー、自分で椅子まで運んで食べたんじゃないの?!』


高いガス台からどうやって降ろしたのか?
まさか椅子に載って咥えて飛び降りてから椅子の上にのせて食べたの??
それにしても、アモ兄の分はちゃんと食べなかったのは偉かった!・・・のか?

『キーちゃん、そんな器用な技を習得しないでも、
レトリーブちゃんと出来てくれればママはそれで良いんですけどねぇ・・・』


そんな旅館の仲居さんも出来そうなキーちゃんですが
今日も張り切って泳いできました。


IMG_3795_2_convert_20150421183620.jpg


IMG_3807_2_convert_20150421183637.jpg


ガラス越しに離れたところから撮っているので表情が写りませんが
リハビリ中、キキはずーーっと笑いっぱなしです。
オモチャを咥えると、泳ぎながらママの方に向ってドヤ顔の笑顔を見せてくれます。
これがまた、めっちゃ可愛いんですよっっ!


IMG_3780_convert_20150421183521.jpg
『あーーあ、今日もがんばっちゃったんでち!』


・・・すごく行儀悪いんですけど、キーちゃん
2015/04/17

キキ散歩

キキ、術後4ヶ月が過ぎていますが
ありがたいことに日々足取りもしっかりしてきています。
フセの姿勢からのダッシュや急旋回などまだまだ制限される運動もありますが、
これからはむしろ積極的に動き、強い筋肉を付けていかなくてはならないので
お散歩ももう通常通りになっています。


昨日の午後は思い切ってお山歩きのお散歩に行ってみましたよ。


IMG_3753_2_convert_20150417095809.jpg
『お山にきたでちねー』


IMG_3743_convert_20150417095903.jpg
『しばらくぶりで、お手紙いっぱいたまってるなのー』


IMG_3740_2_convert_20150417095925.jpg
『あっちもかくにん、かくにん!』


手術前から運動制限がありましたのでキキにとっては9ヶ月ぶりのお山。
久しぶりのお友達からのメール確認に大忙しで(笑)走り回っていましたが
ちょくちょくママの位置を確認してコンタクトを取りながら歩いてくれるキキ。
・・・ですが、これは呼び戻しが出来ているというよりも、
キキの性質に依るところが大きいと思います。
キキは少し分離不安気味、まだまだ自信も無いのでしょう。
ママと1対1のときだけではなく、犬のお友達がいっぱい居るときでも
いつもママのことを気にしていられるように、これが今後のキキママチームの課題です。


IMG_3757_2_convert_20150417095844.jpg
『ママ〜、ちゃんと来てるでちかー?』


この半年と少しの間、毎日毎日キキの脚が心配でピリピリと
神経を尖らせて生活していたように思います。
『ザ・フラット!』なキーちゃん。
陽気で天真爛漫で楽しい事が大好き、いつもテンションが高く活発な
そんなフラットらしいキキが大好きなママなのですが・・・それに反し
この半年間は、キキの持つたくさんの良いところを押さえつけながら
ホントに辛くストレスに満ちた日々でした。
今にして思えば『もっと良いやり方もあったのでは?』と思いますが
とにかく『動かせてはいけない!』という気持ちばかりで、
怒らなくていい事まで、恐い顔をキキに見せていたかもしれません。
ママの笑顔が少なく、カリカリとした雰囲気を一番敏感に感じていたのは
キキでしょうしねぇ、キーちゃんの笑顔がめっきり減ってしまっていたのも
そんなことが原因だったんですよね 
これからは、もうキーちゃんが2度と悲しい顔にならないようにしないとね


IMG_3746_convert_20150417095949.jpg
『お山、楽しかったなの!』


『うんうん、楽しかったよね!これからどんどん来ようね!』



2015/04/16

アモ散歩

今朝は久々のいいお天気。
爽やかな春を楽しみながらゆっくりとお散歩したいもんですが
そうもいかないのが『アモ散歩』


アモと暮らし始めて5年目になりますが
一向に改善しないのがアモの引っ張り歩き。
犬がヒトをグイグイ引っ張る・・・というか『常に犬が前を歩く状態』を
そもそも受け入れ難いママですので、当初アモのこの状態には
かなりのショックを受けました。
それからしばらくはあの手この手と、色々なことをやって来ましたが・・・
まぁね、慣れってのは恐ろしいもんです、もうこれがアモなのでね。


IMG_3736_convert_20150416104854.jpg
お山の入り口、だんだん緑が濃くなってきました


でも、引っ張るということは犬の呼吸器、背骨などへの負担を考えると
何とかやめさせたい行為ではありますねぇ。
自分に置き換えて考えてみても、
首にロープを付けて自分の体重の倍以上ある荷物を坂道を登るような状態で
引っ張って歩いている訳ですから。


でも『一向に改善ナシ・・・』と先程書きましたが、
ママが立ち止まり『アモ〜、そんなに早くはママは歩けないんだよ〜』
ちょっとガッカリしたように言うと『あーー、ごめんごめん!』
しばらくは歩調を緩めてくれるようにはなったんですけどね。


IMG_3730_convert_20150416104810.jpg


IMG_3726_convert_20150416104830.jpg
右へ左へと蛇行しながらグイグイ


IMG_3715_convert_20150416104933.jpg


IMG_3717_convert_20150416104952.jpg
いつもの広場でバードウォッチング


アモにとっては仕事場なんですかね?
はやく仕事場に着きたくてグイグイ気が逸ってしまうんでしょうね、きっと。


キーちゃんの練習場所
IMG_3723_convert_20150416104916.jpg
あーー、早くキキとレト練したいなぁ〜


こんな広ーーい草地がこの辺りには数カ所あります。
もうちょっと歩くと大きな公園に隣接した雑木林に野鳥もたくさん来ますので
アモにとってはすごく楽しい散歩コースなんです。


きっと、充分にアモの望むオシゴトがさせてやれれば
アモもこんなに散歩ごときで必死になる事は無いんでしょうけどね・・・。
『呼び』もアヤシイ状態ではなかなかそれもさせられず
・・・ホントに難しいものだと、日々悩みは尽きません。


IMG_3709_convert_20150416105007.jpg
おウチではママにべーーったり君なんですけどね
2015/04/13

生きた心地がしなかった週末

先週木曜日の夜。
その日はキキのプールでアモは午後から長いお留守番でしたので
帰って来てからの甘ったれようが激しく、
ママも大サービスでいつもより長いナデナデハグハグタイムでした。


お腹から前肢を触っていたときのこと、何かコロッとした感触が・・・
慌ててアモを起き上がらせもう一度念入りに脇腹から脇の下を触っていくと、
左の脇に水風船のような感触とその奥にシコリのような感触が
翌朝一番で病院に電話をするも予約が取れず。
ドキドキと金曜日を過ごし、土曜日朝イチで病院へ


ちょうど去年の5月に肥満細胞腫を切除したところに近い部位だったことや、
脇、脚の付け根、首などはリンパ腫の出来るところでもあり
先生も『何だかイヤな場所だね〜』とその場で細胞診。
病院なんてへーーっっちゃらな番長でしたが、
この4年間色々痛い思いもしたせいかな?
最近は『ボク、病院大嫌い!』になってしまい
病院では『ピヨピヨ、ピーピー』と小さな声で泣きっぱなしのアモ。
結果が出るまで待っているのも一苦労でしたよ


結果・・・『脂肪腫』良性でした。ひとまずはホーーッ!
ただし場所が脇なので今後大きさによっては歩行にも影響してくる場合があり
経過観察をしながら大きくなるようであれば切除の必要もありとのことでした。
まぁね、良性ってだけでも・・・最悪、大きくなっちゃったって切って済むなら
それはラッキーなこと!
キーちゃんがやっと一安心って思ったら・・・
ホントに生きた心地がしない週末でした!


IMG_3671_convert_20150413101815.jpg
『かーさん、クマできてるーー!』



『そーだよーー、アモが心配で寝られなかったよーー』



IMG_3627_convert_20150413101835.jpg
『ウケる〜〜』





2015/04/11

ハイドロセラピー

1ヶ月待ちでやっと予約が取れまして・・・
キーちゃん、ハイドロセラピーへ行って来ました!
中目黒のJ's Oneさんでこれからお世話になります。


当初、水中トレッドミル(水中のウォーキングマシン)を・・・と思っていましたが
狭い水槽の中でただ歩くよりも、大きなプールで泳ぐハイドロ〜の方が
『身体のバランスが良くなり、キキの脚にはより効果的でしょう』
との獣医師の勧めでした。
前十字靭帯が部分断裂したままのキキの脚ですが
何とかそれでも鍛えていく事で補っていければと思います。


まずは身体のチェックから。
体重、体脂肪、筋肉量などを測ります。
ちなみにキーちゃんの体脂肪は31%。
こんなところもママに似ちゃってかなりポッチャリ系。
標準は20%代だそうですが・・・まぁ、まだ2歳で若いのと
今後のリハビリで脂肪を筋肉に変えていけるので今のところは
問題は無いとのことでした。


次はジェットバスにセラピストの先生と一緒に入り
入念に筋肉を解していきます。
キキはお風呂に浸かったことなど無いので緊張とストレスで
筋肉が解れるどころじゃないんじゃないかと心配しましたが・・・
あっという間に関節の可動域も広がり
ジェットバスの中で両手両脚をビヨーーンと広げてとても気持ち良さそう!
先生にも『リラックスしすぎーーっ!』と笑われてしまいました。


最後にプールに移ります。
普段無意識にしていると使わなくなってしまっている左脚を
フルに使えるようにプールを右回りに泳ぎます。
この時プールの前後からは身体に負荷がかかるように緩くジェットが出ています。
最初は初めての感触にプール大好きキーちゃんも
ビックリして先生にしがみ付いていましたが、ボールが投げ込まれたとたん
『ハイハーーイ!』と泳ぎ出し、初めてのトレーニングもスムーズに終了。
『キーちゃん、まったく手がかからず良いですねーー!』と先生に褒めていただきましたよ!


そうでしょうとも!!『キキは宇宙一のえぇ子なんですーー!』と
ママの親バカ炸裂で・・・楽しいハイドロセラピー体験でした
ガラス越しに中の様子はわかるのですが、お水バチャバチャの中に洋服のまま入れず
ガラスは水が飛んで来たり温泉の湯気だったりで曇ってしまうので
写真は撮れず・・・楽しそうなキキを残せなくってちょっと残念でしたが。


キキの脚の手術が無ければ犬のリハビリのためにこんな方法があるなんて
知る事も無かったんでしょうが・・・。
まぁ、これに出会ったのもキキのお陰。
何よりキキは動く事が大好きで、トレーニングやレトリーブをしているときが
一番イキイキとして嬉しそうです。
どこまで効果が出て来るかはまだわかりませんが、今後のキキのQOLを
少しでも向上させられるのならばしばらく続けてみたいと思います。


IMG_3265_convert_20150411224115.jpg
『楽しかったけど疲れちゃったんでち』


2015/04/01

その後のアモ・・・怪我から1週間

アモ番長ですが、実は先週ちょっとした事故に合いまして・・・
お散歩中、カラーが外れてフリーになってしまった大型犬に襲われ、
足を負傷してしまいました。
一週間経った今、傷ももう治っていますし身体の心配はありません。


その大型犬の飼い主さんも誠意のある対応で良い方でしたし、
その大型犬のMちゃんはお散歩コースが一緒ということもあり
以前からの顔なじみの子です。
アモの怪我自体は大事に至らずでしたし『もう大丈夫なのでいいですよ』ってことに
したかったのですが、まだまだ若く先のあるMちゃんのため
余計なお世話とは思いながらも
先日、飼い主さんとじっくりお話しさせていただきました。


IMG_3527_convert_20150329115944.jpg
『ボク、恐かったんだよ・・・』


今までのMちゃんとの経緯をうかがう中で、
私自身の反省も含め考えさせられることも多く
犬種に合った適切なトレーニングの見極めの難しさを改めて感じました。
そのお話はまた後日、良く考えまとめたいと思います。


さて、肝心のアモ番長ですが
やはりかなり恐い経験だったのでしょう・・・プライドズタズタな状態でした。
何をしてやれば良いのかわからず心配な日々でしたが
こんなことしか思いつかず・・・


IMG_3541_convert_20150329115314.jpg
『ほ〜ら、ハトさんいっぱいだよ〜』とか・・・


IMG_3540_convert_20150329115326.jpg
『いるじょーーっ』


IMG_3546_convert_20150329115300.jpg
『上にもいるじょっ!』  ・・・ゴミ置き場ですが(汗)


IMG_3596_convert_20150401100428.jpg
『カモさんキターーッ!』とか・・・


IMG_3599_convert_20150401100501.jpg
『来たねっっ!』


なーんてことをしながら一週間を過ごしておりました。
まだ、突然シッポが脚の間に入ってしまったり、
今朝も『どうしても山には行きたくない!』と、山の手前で動かず!
もう、これにはビックリな上に超心配なんですが・・・ 
まぁ、日によってのことなので徐々に記憶も薄れてくれればと思います。
でも、犬って色んなことをホントに良く覚えているんですよねぇ
心のリハビリに『また福島でも行くかーーっ?』ってパパ言ってたよ、アモ。
早くいつもの元気を取り戻して、ママを引っ張り倒して山を走ってくれーーっ!!


IMG_3560_convert_20150329114952.jpg
『やっぱりママって・・・バカでしょ?』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。