2015/01/27

犬飼いの今昔〜花ちゃんの想い出

スマートフォンに変えて以来、持ち歩くことのなくなった古いコンデジ。
どんな写真が残っていたかな〜、と整理していたら懐かしい
先代犬『花』の写真がたくさん出て来ました。

花ちゃんは1992年に我が家にやって来ました。
世田谷の農家の庭先で飼われていた犬がいつの間にか
子犬を産んでいて『困っているので貰って欲しい』とのことでした。

初代犬(この子は私が中学生の時、学校に捨てられていた子でした)が
亡くなってしばらくたっていましたし、その頃大病をして手術をし、長期入院をしていた父が
退院をしたばかりでしたので、リハビリのためにも朝晩の散歩のお供にと
我が家の2代目犬として迎えることを決めました。

今のアモキキの暮らしぶりを思えば、考えられないことですが
当時は・・・というより初代犬のときから(このときは昭和でしたしね〜)
『犬は庭の犬舎で暮らす』という飼い方が当然の我が家でした。
暑い夏の日中は木陰に移してあげたり
寒い冬や雨、雪、台風などの悪天候の日は玄関の中へ。
朝晩のお散歩と、ご飯、時々のブラッシングやお風呂などで
犬の世話としては充分だと思っていましたしね。
今のアモキキの一日中何かしらコミュニケーションをとり
朝から晩まで一緒に過ごすことが当たり前の生活を思うと
花ちゃんにはなんと寂しい思いをさせてしまったのだろうとちょっと切なくなりました。


P1000047_convert_20150127092812.jpg
『まったく・・・今の子達ときたらっ!』


花ちゃんを迎えたときの父は54歳、およその犬の寿命であろう15年後には69歳。
晩年の数年は犬の体力も衰えるし70前までなら
何とか自分が最後まで世話が出来るであろうという計画でしたが、
その計画に反して花ちゃんのパワーは10歳を過ぎても衰えることなく(笑)
いくらでもグイグイ歩く散歩に遂に父がネを上げ、花ちゃんが11歳のとき
『後はオマエに任せたっ!』と一方的に(笑)私に花ちゃんのその後のお世話が託されました。

それまで『親の飼ってる犬』として当たり前のように庭で暮らしていた花ちゃんですが
自分が飼うとなると何となく『このままで良いのか・・・?』と疑問も湧いて来るもんです。
ちょうどその頃さすがの頑強な花ちゃんもお年のせいで眼振を患い
それまで何でもガンガン食べていたフードを食べなくなってしまいました。
病気のこともあるので何とか部屋の中で花ちゃんを暮らさせてもらうよう
両親にお願いし両親の暮らす1階には入れない・・・という約束で晴れて花ちゃんは
11歳にして初めてお部屋犬となりました(笑)


P1000057_convert_20150127092741.jpg
『長い道のりだったんだわさ』


あれだけ『犬が家の中をウロウロするなんて!』と難色を示した両親ですが
慣れとは何とも・・・今ではアモキキが好き勝手過ごしていますがそれが当たり前になっています。
花ちゃんは犬も家族と一緒に家の中で暮らすもの!という実績を作ってくれた
パイオニアってことですね〜。

その後シニアなりに色々と病気はありましたが
手作りご飯に変えたとたんまた以前のように爆発的な食欲が戻り(笑)
『このまま食べられなければ1ヶ月もちません・・・』と獣医さんに言われてから
何とビックリ!その後7年間も生きてくれました。
享年18歳と8ヶ月、亡くなる2日前まで自分の脚で歩き、ご飯をきちんと食べ、
排泄の失敗も無く・・・最後の1日はちょっと苦しかったのではと思いますが
それでも長患いすることもなく潔い立派な旅立ちでした。


P1000067_convert_20150127092851.jpg
にゃんこにも優しかったね


P1000285_convert_20150127093344.jpg
亡くなる2週間前


思えば、花ちゃんにしてやれなかったいくつもの後悔、
あんなことも教えてやれば良かった、こんなところにも連れて行ってあげれば良かった・・・。
そんな思いが花ちゃんを見送った後たくさん、たくさん込み上げてきました。
そのことが今のアモキキとの生活に繋がっています。
考えてみれば『今の自分』に導いてくれたのは花ちゃんなんですねぇ。

まだまだ失敗も多いけど花ちゃんが残してくれたたくさんの教えを
これからもアモキキとの生活に生かしていこうと思うよ。
犬と暮らす幸せを教えてくれてありがとうね、花ちゃん




スポンサーサイト
2015/01/21

冬の朝散歩

雨予報の今日・・・『じゃあ、たっぷり行って来ますか!』とちょっと早めにスタート。
少しずつ日は長くなっていますが、曇りの今朝は6時半を過ぎてもまだ暗い。

毎日だった遠くの大きい公園までの朝散歩を今年からは
週4回までに減らしました。
まだまだ気力も体力もバッチリそうなアモですが、
年齢と股関節のことを考えると1日に12〜13㌔という散歩は
いくらなんでももうヤメた方が良いのではないかと・・・。

何㌔でも際限なくグイグイ引っ張り地を這うように進んでいくアモ。
まだそんな心配は杞憂なのかもしれませんが
でも、散歩に出られなくなるのはアモにとって一番辛いことでしょうから
少しずつセーブしながら長く楽しめるようにしていかないとね。

そんな訳で今日は3日ぶり〜!
ママが遠くの公園を目指しているのがわかっちゃうのか・・・?!


IMG_2910_convert_20150121095402.jpg
鼻息も荒く・・・『う〜〜興奮しちゃうね〜、やまっっ!』


IMG_2903_convert_20150121095446.jpg
『ママッッ!!いそげ〜っ!』


そりゃあもうすんごい勢いですよ!
この小さなお山、1周約1㌔ですが、ママとアモはたった5分で回れますから・・・
なんかこういう競技ないかな〜?『犬散歩レース』とか・・・
オリンピックでママきっと金メダルだな


公園到着〜!!
IMG_2887_convert_20150121095556.jpg
『貸し切りだな〜、ママ!』

『そうだね・・・もう氷の粒が降ってるしね、こんな日は
           みんなおウチでぬくぬくだと思うよ、アモ』



まぁ、でもせっかく片道50分もかけて来たんだからね、ちょっと遊んで行こう!


IMG_2899_convert_20150121095424.jpg


IMG_2892_convert_20150121095529.jpg


IMG_2895_convert_20150121095507.jpg


・・・って、まぁやることはいつも一緒ですが。
今朝はいつもよりもハトさんが多くて、結局全然走らず(涙)
雨の前にせっかく運動してもらおうと来たのに広ーーい公園で寒ーーい中
アモと立ちん坊でしたよ・・・


家に帰ったとたん・・・
IMG_2884_convert_20150121095747.jpg
『ママ〜、オレ今日走ってなくね?』


『知るか〜っっっ
2015/01/17

ストーカー復活!

毎日寒いですが、キーちゃんはご機嫌さんでお散歩に出掛けています。
たった20分足らずのお散歩ですが、5ヶ月ぶりとあっては
お外に行けるだけでも『楽しくってしょーがないなのっ!』なんだそうです

そんな可愛いキーちゃんおウチの中でも晴れてフリーになりましたので、
ママへの激しいストーキングが復活しています。


キッチンに行けば・・・
IMG_2780_convert_20150111185335.jpg
『ママちゃん!おてちゅだいありまちぇんか〜?』


IMG_2785_convert_20150111185252.jpg
ちょっと邪魔だったりしますが・・・


『お茶にしようかなー』と準備を始めるとソファーに先回り
IMG_2778_convert_20150111185214.jpg
『まぁ、ママちゃんもここ座ってなの』


テレビを見てる間はずーーっと・・・
IMG_2847_convert_20150112123706.jpg
『テレビは眠くなるなの〜〜


振り向くとそこに・・・
IMG_2854_convert_20150112124957.jpg
『はろー、ママちゃん!10秒ぶり〜!』


うふふ・・・、これぞフラットさんでしょーー!こうでなくっちゃね!
おもしろいようにくっついて回ってるので、ママは1日中ホントにおもしろくって
笑いっぱなしだよーー!


そういう習慣のなかったアモ兄ですが、なんだかキキにつられて?負けじと?
ダラダラとママの後を一緒になってくっついてますが
途中で『ボク、なんでこんなに歩き回ってるんだ?』と思うらしく・・・

IMG_2792_convert_20150111185312.jpg
『くたびれます〜〜っ』と行き倒れています(笑)


IMG_2852_convert_20150112123153.jpg
『はぁ〜〜


そうだよね〜、お外以外では無駄なエネルギー使わないのがセターさんだもんねぇ(笑)
兄ちゃん稼業も楽じゃないね、アモ!
2015/01/14

お誕生日でしたが・・・

1ヶ月以上も過ぎてしまいましたが・・・アモ7歳(推定)、そしてキキ2歳になりました。
アモは春に肥満細胞腫の手術、キキは膝と、2頭とも無事・・・というわけにはいかない
去年1年でしたが。


IMG_2640_convert_20150112123553.jpg
『7歳くらいになったらしいよ』


いつもならば12月はお誕生月間で、旅行や年に一度の健康診断(これはワンコ達
にはありがたくないようですけど)など忙しく過ごすのですが
この12月はキキのこともありアモも、もちろんキキも我慢我慢の生活でした。
幸いアモは手術以降はいつも体調を崩す夏も元気いっぱい過ごしてくれましたし、
キキも大変ではありましたが、ちょうどお誕生日の12月9日に退院となり
なんとかお誕生日をおウチで過ごすことができました。


アモは相変わらずお外でのモーレツ加減は衰えることはありません
夢中になってしまうとママの声も届かず・・・もうアモのセルフハンティングは
一生矯正出来ないかもですね〜
スイッチさえ切れてくれればよくお顔を見て歩ける子なんですが・・・。
まぁ『これがアモなんだ』と最近は思っていますけどね

そんなアモ君ですが、やはり最近は激しい散歩(笑)後は相当疲れるようで
日中はグーグー寝ている時間が増えたように思えます。
7歳とはいえ推定なのできっと7〜9歳・・・その辺なのでしょう。
体力的に、去年とは随分違ってきたように思います。


IMG_2668_convert_20150112123634.jpg
『ぐーすかぴーー

IMG_2642_convert_20150112123614.jpg

IMG_2656_convert_20150112123534.jpg

まだまだシニアの域ではないのかもですが、
これからはあまり欲望のままに(笑)身体を酷使しないようにして
ゆっくりゆっくり歳をとって(出来ればとってほしくないけどさー)ほしいもんだよ、アモ!


そして、キキ。
去年後半はキキにとってホントに辛い日々となってしまいました。
心なしかお顔もちょっと大人びてしまい、ケージ生活が長かったせいか
いたずらキーちゃんもすっかり影を潜めてしまいちょっと寂しいママです。
まぁ、スリッパかじったり、洗濯物運びなどはまだやっていますが・・・
すっかりおしとやかになっちゃって・・・
『キーちゃん、どでかいいたずらでママをビックリさせてーーっ!』
と思ってしまうのはおかしいのか?ママ


IMG_2685_convert_20141229174410.jpg
『ママ、おかしいんじゃありまちぇんか?』


これからは、身体の回復とともに身体と同じくらいダメージを受けてしまったであろう
キキの心の回復にも気を付けていかないといけませんね。


とにかく、今年は絶対に良い年にしよう!
楽しいことたくさんしよう!
ママ、がんばるからアモもキキもどうか元気でいて下さい。
いつだって、それがママのたったひとつの願いだよ
2015/01/12

お散歩楽しいね!

朝の空気は気持ちいいね

キーはグングン張り切って歩いたよ

お洋服可愛いのに

『キーちゃんが着ると大阪のオバちゃんっぽい』

って言われちゃったけどぜんぜん気にしないよ!



IMG_2831_convert_20150112123432.jpg
いっぱいいっぱいクンクンしたんだよ


IMG_2828_convert_20150112123414.jpg
つっこみすぎてママに怒られたけどへっちゃらだよー!


ちょっとお勉強もしたけどちゃーんとおぼえてるんだよ

IMG_2824_2_convert_20150112123447.jpg
ママのお顔見たり・・・


IMG_2838_2_convert_20150112123357.jpg
『マテ!』って言われたら動かないんだよー


IMG_2840_2_convert_20150112123228.jpg
ぜぇーーったいうごかないんだよーーーっ!


ママが言うにはキーは『うちゅーいちの天才』なんだってさー

言われなくても知ってるけどねー




というわけで、キーちゃん久々のお散歩を満喫しております。
昨年夏休み中にひどい脱臼をしてしまいすぐに獣医さんへ!
そのまま手術の日取りが決まり、手術までに更なる悪化が無いようにと
8月の半ばからお散歩無し生活をしていました。
この間じつに5ヶ月!アモだったら発狂してたんじゃないでしょうかね・・・?
ホントによく頑張ってくれました。
本格的にトレッドミルやハイドロセラピーなどのリハビリを始めるにはまだ
間がありますのでね。
その間無くなってしまった筋肉を日々のお散歩で少しでも回復したいと思います。


IMG_2813_convert_20150112123509.jpg
お散歩前にお兄ちゃんと2ショット!

2015/01/11

1ヶ月検診

今年は連休が少ないみたいですね〜。
貴重な3連休ですが今はキキお嬢様のアンヨが第一なので
どこにも出掛けられる筈もなく・・・そんな連休初日、キキの1ヶ月検診でした。

『キーちゃんは他のワンちゃんがいると大はしゃぎなので、1番の診察で・・・』
との病院の配慮で朝イチの9時の予約。
病院までは空いていれば約1時間の道程ですが
連休初日の東京横断ドライブ・・・ちょっと早めに出たのが間違いで、
40分も早く着いてしまいました

年末の28日のチェックから2週間、大事をみてケージ生活を続けていましたので
今回はあまり心配はしていませんでしたが・・・やはり先生の

『大丈夫!腫れも、炎症もなくしっかりはまってますよ!!』

との言葉は、やっぱり涙が出る程嬉しかったな。


IMG_2803_convert_20150111185156.jpg
『がんばったカイがあったってもんなの』


お許しが出たことは
室内でのフリー(ただし、就寝時や当然のことながらお留守番時はケージ)
朝晩10〜20分程度のお散歩(犬のお友達とのご挨拶は禁止)
テンション上がっちゃうでしょー!(先生談)

まぁ、これだけですが・・・これだけでも随分生活が楽になりました。

禁止事項は
アモとのワンワンバトル(これはよくなっても基本禁止)
3ヶ月検診までは絶対走らない!!
階段駆け下り駆け上り

まずは安定してくれたのでひと安心ではありますが、今後キキの状態は
どうなっていくのか?心配は尽きません。
今回手術したのは左膝ですが、あくまで外方脱臼の固定手術をしたにすぎません。
部分的にほつれた前十字靭帯はそのままですし、骨を削って角度を変えプレートで靭帯を
固定するTPLOの手術は、キキのような体質の子には勧められないとのことで
今後もほつれた靭帯のままで生活していかなければなりません。
『膝が安定し動くことが無ければ、今までのように靭帯に過度な負担はかからず
筋肉も付いていくことで普通に生活することが出来る』とのことなのですが
獣医さんの思う『普通の生活』と今までのキキの『日常』では
かなりの開きがあり・・・今更ながら犬としての『フツーの生活』をどうしたもんか?
ママは今、毎日真剣に考えています
そして、キキは決して右膝も問題が無いわけではなく、
また股関節にも軽度ながら形成不全が見られます。

色々なものに過敏に反応し炎症を起こすため予後が悪く・・・まして胃捻転があった以上
もう更なる手術はとても考えられません。
今回やっと左膝が安定し回復に向っていることはものすごく喜ばしいことですが
今後の制限だらけのキキの生活を思うと・・・元気な子だけになんだか不憫ですね。

まぁ、現状は厳しいものがありますが、まずは胃捻転を起こすというような困難を
無事乗り越え、元気にママの元に帰って来てくれたキキの今を素直に喜ばないと。
今後は今後・・・脚も大丈夫でキキも楽しい、そんなことがきっと見つかるはず。

来月の2ヶ月検診に向けて、これからちょっとずつリハビリの開始です!


IMG_2778_convert_20150111185214.jpg
『ママちゃん、前向きにっ!なのよ〜』



2015/01/09

素直な心

キキ、今回は何とか無事に回復に向っています。
それでもまだ脚を庇いながらの歩様はなんとも痛々しい感じがあり
背筋をピンと伸ばし、頭を上げて楽しそうに歩くキキを見られるのは
もう少し先になりそうですね。
まぁ、焦っても仕方ないので・・・今はまず、骨が安定して着いてくれるのを待つのみです。

先生からは少しずつ家の中ではフリーにしても良いとのことで、
・・・とはいってもまだ1ヶ月、ママがまだ心配なので大半はケージの中で過ごしています。
それでもキキにしてみれば前に比べてだいぶ調子も良いのでしょう。

『ここから出して〜欲しいのよ〜〜!

のアピールもちょこっと出始め・・・まぁ『だめだよ〜』と言うとおとなしく寝てくれますが。

長期にわたる入院とケージ生活では日常のお手入れが行き届かなかったことで
皮膚やコートにもかなりダメージが出て来ています。
入院から戻ったときにはあちらこちらに寝ダコのようなものが出来ていて、
またパッドもガサガサでちょっとビックリしました。
家でケアをしてやりたくてもケージから出して動かすことが出来なかったので
やっと今そのお手入れが出来るようになりました。

皮膚のケアと、脚はまださわれませんが上半身を揉みほぐすマッサージで
20分くらい、夜はママとのラブラブタイムです


IMG_2755_convert_20150109094946.jpg
『これでいいでしゅか〜?』


『ねんねでまっててね〜』と言うとスキンクリームなどお手入れグッズを
用意する間、こんな風にして待っていてくれます(キーちゃんたらかわえぇ〜わ〜〜


胃捻転手術でお腹もツルツルに剃られてしまって・・・(涙)
肘や踵などもこんな感じでコートが抜けてあちこちにハゲが出来てしまいました。


IMG_2753_convert_20150109102759.jpg
ここはすでにカサブタが剥けてだいぶ毛がはえてきています


IMG_2760_convert_20150109094911.jpg
フィトバーム


毎日皮膚にハーブのスキンクリーム、ヒルトンハーブのフィトバームを擦り込んでいますが
だいぶ固くなっていた皮膚が軟化されてコートも復活してきました。
パッドのガサガサにも結構効いていますし、犬が舐めてしまっても問題ないものなのでとても便利です。
あれだけワチャワチャ、ペロペロのキキがマッサージを始めるとうっとり静かに目を閉じているので
きっとハーブの良い香りの効果もあるんでしょうね〜。


こんなものも買ってみました!
IMG_2762_convert_20150109094857.jpg
デトックスハーブ


長期の投薬で肝臓腎臓ともにくたびれている筈なので・・・皮膚もその影響と思いますが。
凝縮されたエキスなので今まで使っていたドライハーブよりも身体への吸収が良さそうです。


ママとキーちゃんのラブラブタイムは本当は相当にお気に召さないアモですが
長いこと頑張っていたキーちゃんが甘えたい気持ちもわかるのでしょうね。
こうやってじとーーっと見ていますが、今までのように邪魔はしません。


IMG_2756_convert_20150109094839.jpg
『次、ボクだよね・・・?』


『エライね〜アモ!優しいお兄ちゃんだよね〜。
次はアモの番だからね』



IMG_2759_convert_20150109094928.jpg
『うん、ボクはエライんだじょ』


キキもマッサージが終わって『ハウスしようね!』と声をかけると
『は〜〜いなの』とすんなりケージに入り静かにしています。
ホントに優しく素直な子達だな〜と今度のことでアモとキキの良い所をたくさん発見することが出来
『ありがとーね!』と何度思ったことか!!

先に進まない苛立ちと疲れで相当におっかない顔になってることが多かった
ママだと思いますが・・・静かに受け入れていつも側に居てくれたアモと
痛いことも、不自由なことも、毎日のお薬も、何よりお外で遊べない辛さも
全部明るく素直に乗り越えてくれたキキによりいっそう感謝の気持ちと
愛おしさを感じているママです。
どんなことにもいつも学びがあり、そして犬達からの大切な贈り物がありますね。


IMG_2747_convert_20150109094822.jpg
『美人さん復活なのでしっ!』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。